40代転職の基本ステップ

 「何から手をつけて、次に何をして…」という、転職の初期段階で迷いに迷って、結局失敗してしまう。これは、転職に慣れていない人がやりがちな過ち。

 何から手をつければいいのか。次に何をするべきなのか。その一連の流れは、ズバリ、これらです。
 

転職の準備をしよう

 転職の準備から手をつけましょう。具体的に、且つ簡潔な言葉で表現すると、「把握」、これがスタートライン。

 さらに具体的に表現すると、「何のために」、「どんな転職を」、「いつまでに」、「どんな方法で」を把握しておくこと。これです。
 
【参考記事】
40代の転職の目的とは
40代の市場価値
在職中と退職後の転職活動
 

求人情報の集め方

 転職に慣れていない人が少し戸惑い、そのまま間違った方向へ進んでしまいがちなのが、求人情報を集める段階。

 転職準備ができていればほぼ正しい方向へ進めるのですが、それでも不安な方は、転職の専門家や専門サイト、これのお世話になりましょう。
 
【参考記事】
40代の仕事探し
40代と転職エージェント
40代は転職サイトのスカウト機能をどう使う
 

応募書類を作成しよう

 転職活動を始めてやっと自分のことを振り返る、そんな人は40代でも少なくないはずです。

 自分のことを完璧に把握している人なんていませんが、それが完璧に近づかなければ、ベストなアピールを応募書類に表現することはできないでしょう。とことん自分と向かい合ってみてください。
 
【参考記事】
履歴書と職務経歴書の違いとは
40代が履歴書で見られるポイント
40代が職務経歴書で見られるポイント
 

面接は練習して挑む

 場数を踏めば、緊張感は和らぐものです。それでも緊張が面接の最大の敵になりそうな人は、ただ面接の練習を重ねておくだけではなく、緊張の解き方をマスターしておくようにしてください。

 深呼吸、意識の転換、定めた目標の想起など、そうした手法を身につけておくだけでも結果は変わってくるはずです。
 
【参考記事】
40代の面接での自己紹介
40代が志望動機で語るべきこと
40代がすべき逆質問
意欲を伝えながらも会社のことを知ることができる|面接時に確認しておきたいそんな事柄とは
 

退職と入社準備の知恵

 相談の仕方、退職願の出し方、引き留めのかわし方、書類の提出の仕方。退職の準備に必要なのは概ねこのあたり。

 プラス、挨拶回りや引き継ぎなどがあって、退職活動となります。それぞれにコツもありますから、それをマスターしてから行動に移してみましょう。
 
【参考記事】
円満退職が転職成功の布石
退社の理由をどう話すか
入社のチェックポイントとは
 

ページ上部へ戻る