40代で転職した時の体験談

pixta_796373_S
年齢 性別 職業
41歳 女性 経理事務 → 庶務事務

転職しようと思ったきっかけ

紹介予定派遣での経理事務をしていました。
40代で正社員になれるのは魅力的でしが、仕事量が多く毎日残業でハードでした。
また人間関係も悪く職場環境に疲れてしまい、転職を考えました。

転職活動前に準備したこと

紹介予定前の派遣でしたので3ヶ月更新でした。
更新の1ヶ月前に派遣会社に辞めたいと意思表示をしました。

転職活動で苦労したこと

次の仕事が決まるまで1年半もかかってしまいました。
その間収入が途絶えてしまうので、コンビニでアルバイトしていました。
なかなか決まらないので、凄く落ち込んでしまい引きこもり気味になっていました。

転職活動を通じて得られたこと

若い時の転職はさほど苦労もなくすぐに次が決まりましたが、40を超えるとパート等の募集が多く即戦力を求められる派遣の仕事がかろうじてあるだけの感じでした。
そのことを痛いほど痛感しました。
また地方で事務の求人数が少ないので、募集があると競争率が高くなってしまいます。
転職活動を通して得られたことは、特に専門的な知識のない40代にとって転職は大変難しということがわかったことです。
事務希望でPCやオフィスがそこそこ出来るのは今の時代当たり前のことですので、それ以上の専門的な他の人にできないような事ができれば転職のさいも強みになるのではと思いました。

最終的に現在の会社を選んだ理由は?

他に受け入れてくれる会社がありませんでした。
積極的に履歴書や職務経歴書を用意しましたが、書類選考で落ちた企業も少なくありません。
また面接まで行っても、結局は受かることができませんでした。
今現在の会社は派遣で入りましたが、競争相手が誰もいなかったので入ることができました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る