40代の市場価値

市場価値は過去の積み重ねでできている

 転職を考えて、自分の市場価値を調べてみて、自分の予想より低いことに驚く40代も少なくないようです。

 転職市場での価値は、これまで自分がどんな企業で、どんなセクションで、どんなポジションで、どんな関わり方で、どんな実績を出し、どんなスキルを得てたのかで、大きく変わります。

 社内評価がいくら高くても、会社の規模が小さかったり、職位が就いたことがなかったり、マネジメント経験がないなどの理由で、市場価値が低くなってしまうという現実があるのです。

 転職するときに有利になる市場価値を得るためには、一つひとつの仕事に対して誠実に、納得いくまで取り組むことを、積み重ねていくしかありません。

 また、自分の専門スキルを証明できる難関資格を取得するなど、成果を可視化することも大事です。
 

市場価値に見合う転職活動を行う

 自分の転職市場の価値を把握したら、身の丈にあった転職活動をすることが、内定を得るための早道です。

 ハイクラスな転職がしたくても、応募条件に見合うスキルや実績がなければ、書類選考を通過することすらできません。

 将来の転職に備えて、次の職場でキャリアを積み、スキルアップを目指すと割り切って、転職するという考え方もあります。

 
【参考記事】
40代の転職の目的とは
在職中と退職後の転職活動
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る