年齢から来る不安との闘い!40代の転職体験談

a0002_011013
年齢 性別 職業
42歳 男性 営業企画 → 職人

転職しようと思ったきっかけ

営業企画から転職を決意したのは、自分の仕事の適性に疑問を感じたことが始まりでした。
それでも年齢的には遅過ぎる気がしましたし、転職に踏み切るには少々時間を要しました。

営業企画と言うと漠然としていますが、基本的には営業に向かない性格であり、どちらかというと職人の世界の方が向いているのではないかと思っていた部分があります。

それまではアウトソーシングが一般的な世界での仕事でした。
企画はしても形にするのは他人の手によるものです。
そこに大きなジレンマがあり、それを解消するには自分の手で作れる職業に就く必要があると考えたのです。

転職活動で苦労したこと

年齢的にまともに取り合ってくれる会社はありませんでした。
職人としてはあまりに遅過ぎるデビューですし、スタートするなら遅くても20代後半までというのが一般的です。
とにかくその壁を超えなければならないので、何でも良いからやらせて下さいという気持ちをアピールすることに務めました。

売り子だろうが雑務専門だろうが、入ってしまえばチャンスは来るだろうという一心でしたので、それには必要以上に余計な事は口にしないよう心掛けていました。
それでもほとんどは審査に引っ掛かることがなく、話を聞いてくれた確率は1割にも満たなかったと思います。

転職活動を通じて得られたこと

とにかく我慢することの大切さです。
若い頃は経験したことがないほど、重苦しいストレスが続きました。
何しろスタートするまでが想像以上に時間を要しましたので、それがかえって良かったのかもしれません。

若い人なら、入ってからの仕事のキツさに心が折れるのですが、私は入る前の方がつらかったのでそれを感じることはありませんでした。
むしろ叱られても働けて勉強できることが幸せに感じますので、転職活動中の我慢がそうさせてくれる要因に思えます。

最終的に現在の会社を選んだ理由は?

古典的とも言える作業の繰り返しですが、基本を学ぶにはいい環境と考えました。
基礎を知らずに応用はできないと思っているので、それが見られるのが決め手になりました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る