在職中と退職後の転職活動

在職中の40代の転職活動

 在職中の40代は、管理職であったり、プロジェクトリーダーを担っているなど、責任の重い仕事を任されていることが多いので、時間をつくるのが難しいと感じているひとも多いでしょう。

 ですが、日々の仕事の実績が自分のアピールポイントにつながりますし、収入の心配をせずに転職活動できることで、求人内容や応募するか否か、内定の諾否を冷静に判断できるというメリットがあります。

 転職サイトや転職エージェントを活用すれば、効率的に転職活動を進めることができるので、腰を据えて転職先を探したいひとにはおすすめです。
 

退職後の40代の転職活動

 40代の転職活動は、自分にマッチする求人探しと、徹底した企業研究、応募企業に合った書類作成が、面接まで進むためには大事なプロセスになります。

 退職後の40代であれば、時間の余裕がありますし、ひとによっては転職に有利なスキルや資格の勉強をすることで、自分に付加価値をつけることもできそうです。

 退職金や失業保険の給付などで、経済的な心配がないうちに、集中して転職活動を行うのも、一つの選択肢です。

 ただし、退職日から応募書類の提出日までの期間があくことで、書類選考の通過率が下がるというデメリットも、頭に入れておきましょう。

 
【参考記事】
40代の転職の目的とは
40代の市場価値
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る